自動車にかかる保険の費用について

自動車を購入した場合、自賠責以外にも任意保険に入ることが望ましいでしょう。その場合、どのくらいの費用がかかるかを解説していきます。まず、自動車の排気量のサイズにより値段が変わってきます。

 

例えば軽自動車と排気量1.5L程度の普通車では2万円ほどの差があります。また、普通車も排気量が大きくなるたびに値段が上がります。

 

また、年齢によっても値段は変わります。一般的に運転する方が若い人ほど値段が上がります。年齢の区切りとして21歳以上、26歳以上、35歳以上という分け方をされます。また、補償内容によっても変わってきます。

 

自動車では対人補償、対物補償は無制限にするのが一般的ですが、他の補償は状況により異なってきます。例えば、車両補償ですが、これを付けると値段が大きく変わります。

 

逆に外すと安くなりますが、自損事故を起こした場合、自費で修理せねばなりません。

 

しかし、車両補償が付いていても気をつけなければならないことがあります。それは免責事項というものです。

 

自損事故を修理する時、ある一定の値段までは自費で修理するというものです。これは5万~10万という設定が多いです。

 

また、等級制度というものがあり始めは6等級からスタートします。

 

これは1年間無事故だった場合、等級が上がるに連れて割引されていく制度です。この等級によっても値段が大きく変わります。