これだけおさえよう維持に必要なお金

自動車は車が好きな人や、地方に住む人にとって生活を豊かにしてくれる重要な存在ですよね。

 

ですが自動車は一度買ってしまえばもうお金は掛からない…というわけではありません。自動車は人の命をのせるものですから、安心・安全に使うために色々と維持費が掛かってくるのです。

 

 

まず、年に一度自動車税という税金が掛かります。その金額は基本は車の排気量によって変わり、軽自動車が一番安くて、パワフルな車になるとその分高くなっていきます。

 
そして車検代がかかります。新車なら購入から3年後、その後は2年に1度のペースで受けなければいけません。

 

これも車によって金額が変わってきますが、軽自動車や新しい車のほうが安めに済みます。

 
車検代にも一部含まれているのが車の保険料金です。

 

車の保険は2種類あり、その1つの自賠責保険というのが強制加入で車検と同時に入ることになります。もう1つはいわゆる任意保険ですが、安心して車を運転するには必須なので、ほとんどの人が加入しています。

 
他には車のオイル交換やタイヤ、各パーツなどのメンテナンス費・ガソリン代、人によっては駐車場代などがあります。

 

このように自動車は、使い方や本体そのものの種類で金額は違いますが、維持には結構お金が掛かります。

 
車が家計を圧迫しないように、ちゃんと内容をおさえておきたいものです。