自動車購入時にかかる諸費用とは

自動車を購入する上で本体価格とともに諸費用も必要になってきます。ではいったいどのような物があるのか解説していきます。自動車購入時に必ず払わなければならない法定費用は自動車税、自動車取得税、自動車重量税、自賠責保険、消費税となります。次にその他の手数料となります。これらは自分で行えるものもあり本来非常に安いものですが、多くの販売店ではユーザーにこれらをやらせてくれるところはないです。

 

具体的には登録費用、車庫証明費用、リサイクル料金になります。また、以前所有していた自動車を下取りする場合は下取り費用、購入した自動車を自宅まで届けてもらう場合は納車費用がかかります。これらの費用のうち、新車と中古車で費用の出し方が変わってくるものに自動車取得税と重量税があります。自動車取得税は取得価格の5%(軽自動車は3%)となっていますが、中古車の場合は新車時の取得価格を基によって算出された金額に対して税金がかけられます。

 

また、重量税では新車で購入した場合、次の車検である3年間分を支払います。中古車の場合は車検が残っていれば払う必要はありませんが、車検が残ってない場合は必要になります。その他の手数料は中古車、新車での差はありません。販売店により異なりますが、目安として登録費用が代行料10000~20000円、印紙代が2000~4000円程度です。車庫証明費用は代行料が10000円程度、印紙代2500円前後になります。